読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5円玉

なんでもありのブログです。

こだわり

こんにちは。

 

みなさんは、何かに凝ったりこだわったりしてますか?

 

私の夫いわく、

「もう売ってない様な、レアな物を欲しがる女」

それが私です。

 

結婚する前は、あまりこだわりが無かった(と思います)のですが、結婚してから(12年前)良くも悪くもこだわり感が出てきました。

 

私が初めて買ったこだわり洗剤がライオンさんから出ていた、『ルック きれいのミスト』シリーズ。

近くの西友さんにキッチン、トイレ、お風呂のミストが売られていました。

 

…数年して、靴用、布用も購入しましたが、すぐに廃盤となってしまいました。

 

食べ物へのブランドこだわりもあり、ソースはKIKKOMANのブラウンソース、酒やみりんはキング醸造のモノ、ケチャップはハインツケチャップ、という具合にワガママ汗 です。

 

逆に洋服にはお金をかけないので、バランスが取れているのかな?

 

 

 

 

ボヤけた視野からハッキリ視えたこと

私は糖尿病を患って10年。

 

合併症で目がボヤけて、合併症とは関係なく、年々視力も下がってきています。

 

この糖尿病に限らずに、私は幼い頃から手術や脚の不調などに悩まされてきています。

 

幸いに死に繋がる病は患っていませんが…。

 

こんな大不幸のデパートのオンパレード人間を見つけると、新興宗教家や啓蒙活動家は喜び勇んで勧誘して来ます。

新興宗教や似非慈善に興味ない私は軽くスルーしますがね。

 

ボヤけた視野から視えてきたのは、人間の素晴らしさです。

上記の馬鹿げた活動家らにはウンザリしましたが、基本的に人間というモノは素晴らしい生きものです。

もちろん人によっては

合う合わないはあります。

 

相容れない人もいます。

 

でも、支えられ支えて生きている。

 

と、思うだけでも少し心のくもりに光りがさす気分です。

 

こんな私はやはり幸せ者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生きてるって素晴らしい!

皆さん、どうもこんにちは。

 

友人が最近、スマホデビューしました(ぱちぱち)。が、老いとの関係で四苦八苦している様です。

 

 

私、実は今日、糖尿病治療の一環で、眼科に行って来ました。

 

結果はよろしくない。

 

でも、先生はすぐにレーザー治療はしない、と言っています。

 

多分、治療はする事になるでしょうが…。

 

病いに罹患して、ようやくわかった健康の大切さ。

 

逆に生命や健康を害して、初めて気づく、生きてるって素晴らしいということと、周りに支えてもらっている事のありがたみ。

 

いずれは誰しも死んでしまいますが、健康は当たり前ではない、生も当たり前ではない。

まあ生きてる内は快適に過ごしたいですね!

 

 

私のペンパル(=文通相手)に御歳80歳越えの、元気な男性がいらっしゃいますよ。

毎回、彼からのお手紙は達筆な字で綴ってあるので、解読に時間がかかるんですが、内容はすこぶる健康です。

冬は冷え性がひどく靴下を重ね履きしている様ですが、彼からは愚痴らしい愚痴は聴いた時はありません。健康寿命が良いらしくて、夏が大好き。私なぞ、春秋好き人間で、夏バテするくらいです。

 

そのペンパルさん、すごく快適に人生を謳歌しています。

 

こんな風に歳をとっていきたい、と思いました。

 

みなさんも元気な毎日を過ごしていけますように。

 

 

 

 

 

 

産まれて死にかけて生まれ変わる

みなさんは死にかけた経験はありますか?

私はあります。ありました。

 

ある夏の日、うつ病に悩まされていた私は四階からダイブしました。

 

肺は潰れ、骨盤が折れて意識不明の重体になりました。

 

三途の川を見なかった代わりに、自分が首吊り自殺から目を覚ましている夢ばかり見ました。

 

とても不可思議なんですが、首吊り自殺の夢ばかりなんです。実際は飛び降り自殺なのに…。

 

目を覚ました時、管だらけでノドには呼吸器が挿入してありました。

 

それからの出来事は省きますが、最後は元気に退院しました!

 

私は幼い頃から、両親から凄まじい肉体的精神的性的虐待を受けながら育ちました。

両親に取っては子供はおもちゃ、だと今でも笑って言ってます。

 

あまりの絶望にこころは肉体自殺未遂前に自殺しました。

 

親には首を絞められ意識をなくしたり、意味のない暴言を吐かれたり、母から膣にモノを入れられました。

 

自殺未遂後、生まれ変わった様な、憑き物が取れた様な感覚になりました。

不思議なんですが、親が甘ったれの、人間の皮を被った不快害虫以下に感じて来ました笑。

不快害虫だって、悪さはしないし見た目が不快感を抱くだけの生き物です。

 

 

今でもPTSDを抱え、苦しいですが、一時期よりずっと楽に。

 

あーよかた〜。

 

若い娘はみなヴィーナス

私は山口百恵の歌が好きなんですが

『娘たち』

という歌に素晴らしい表現が出てきます。

若い娘たちはヴィーナスだ

と、言うんです。

 

確かに、若い娘さんたちは大体、ヴィーナスの様に輝いています。

 

 

私は10代後半〜20代前半まで、双子の妹に「ブス、デブス、くそデブ!私はくそデブより美人!」と罵られ、傷付いて来ました。

今でも彼女からは「くそデブ‼︎笑」と言われしまいます。

 

そんな言葉遣いが悪くて平気で他人を傷付ける妹は底辺よりもっと底の『くそ美人』です。

しかしながら、この妹と私の関係は、私たち母と伯母の関係にとても似ています。

 

伯母もまた、自分と私たち母を比べてどちらが美人か?としつこく周りに訊いてきます。それは周りをゲンナリさせるほどしつこい。私にも一度、訊いて来ましたが

「どっちも!」

と答えておきました。

 

この行為は妹にも見られます。

 

ハッキリ言って、こて先の人間と比べなければならない美(コンテストなど、競う美を除く)は、大した美ではないかと思います。

 

話が脱線したのですが、私が言いたいことは若さや輝きなど、女性とはそんな所に美を感じるのであり、比べて感じるのではない。と思います。

 

私も30代半ばに入り、輝きより図々しさが際立って来ました。妹には馬鹿にされてますが

「ふ。幼稚なアラサーめ」

と受け流しています。

 

 

 

 

お酒とみりん、みりん風調味料

おはようございます。

 

私が生まれて初めて自分で買った調理用のお酒とみりん風調味料はキング醸造さんの日の出シリーズ。

瓶入りで売られていました。

 

お酒がグリーンのガラス瓶、みりん風調味料が透明なガラス瓶でした。

いま、お店で売っているものはペットボトルですが、瓶入りは味があって良かったです。

 

私はこだわりが強いのか、日の出シリーズでないと、料理する気が起きません笑。

まあ、グウタラ主婦ですね。

 

先日、近くのスーパーへ日の出シリーズを買いに行ったら、何処にも無いんです。

 

困ったなぁ…、以前は扱っていたのに…。

 

主人の車で三軒くらい、見てまわりましたがどのスーパーにも無いんです。

 

諦めかけましたが、ドラッグストアに立ち寄る用事があったので、ついでに見て来よう。

と行ってみたら

 

あった!

 

f:id:harasari:20170219082553j:image

 

記念写真をパチリン。

 

※お酒は20歳になってから。 

 

 

娘たち

こんばんは。

私にはハンコ屋さんをしている、お友だちがいます。

素晴らしいハンコ屋さんの素晴らしい人です。

いわゆる、『お祓い印かん』は販売していません。

ですが、ここのハンコ屋さんで作って貰った印かんはリーズナブルな割りに、人と人を繋ぐ『ご縁』がありますよ。

このハンコ屋さんのブログ掲示板で知り合った人とお友だちになったりしました。

ハンコ屋のおかみさんの娘さんの名前は『あい』ちゃん。

私の娘の名前は『のぞみ』。

察しが良い方は気付いたかと思いますが、あのW(ダブルユー)と同じなんですね!

もちろん、意識して付けた名前ではなく、たまたまです!

しかしながら、因縁めいたものを感じてしまいます…。